自社加工した大谷石をお届けします。

飲食店入口 大谷石スライス貼付[施工事例13]

施工例013 大谷石の細物貼
ビルの中の飲食街にあるうどん屋さんですが、正面入り口に大谷石を貼りました。

まずお客さんが、ここは何屋さんかと、看板を見るときに、自然と大谷石が目に入り、暖かい感じが浮き出ておいしいうどんをイメージさせられます。

大谷石の作りとしては、300×600×20(ミリ)のコーピン引き仕上げの物を、60(ミリ)間隔にコーピンで溝を掘りました。

貼り方は、一番下に溝の無い物を貼り、二段目からは互い違いに(馬貼り)貼りました。

全体的には、細長い大谷石が貼っているように見えます。
それでいて、細かいものを貼るよりもきれいに仕上がっています。

正面、左右、背面と4面に貼ってあります。
もちろん、各溝が一周にそろっています。そして看板は、溝なしの大谷石をはめこみました。


大谷石の販売に関するお問い合わせは
028-652-4396

このページの先頭へ