宇都宮市は、市内で住宅や店舗などの新築、増築、改築などを行った際に、内外装の材料として大谷石を利用した場合に、その工事費の一部を補助する制度を設けています。「大谷石利用促進補助制度」です。部屋の中のアクセントとして、また、建物の外観など、大谷石の魅力を生かした空間づくりをすることができます。
対象となる建物、補助要件、補助金額は次の通りです。

大谷石利用促進補助金の申請について

(2020年4月 宇都宮市都市魅力創造課)

1、補助対象となる建物,補助要件及び補助金額

①居宅(注文、分譲は問いません)
(1)補助要件
内外装の材料として大谷石を5㎡以上利用した場合
(2)補助金額
補助対象経費の10分の3(10万円を上限とする)
※ただし、外壁として5㎡以上利用した場合は上限を15万円とする。
補助対象経費は,大谷石を利用した際に要する経費(1㎡当たり工事単価は 38,000 円以下。ただし、仕上げ加工石※使用部分については、1㎡当り工事単価は 50,000 円以下)

②事務所、店舗、店舗等併用住宅
(1)補助要件
内外装の材料として大谷石を10㎡以上利用した場合
(2)補助金額
補助対象経費の10分の3(30万円を上限とする)
補助対象経費は、大谷石を利用した際に要する経費(1㎡当たり工事単価は 38,000 円以下。ただし、仕上げ加工石※使用部分ついては、1㎡当り工事単価は 50,000 円以下)

2、申請対象者

① 補助対象となる建物を所有または賃借している(所有又は賃借する予定がある方を含む)個人及び法人
②市税(市県民税,固定資産税,軽自動車税など)を滞納していないこと
※ 当該工事において,別途,国,県の補助金等の交付を受ける方は対象外となります。

3、補助対象期間

対象石工事について,2020年4月1日以降に申請・着工し,2021年3月31日までに完了・請求するもの

4、申請フロー

交付申請
工事を行う前に,申請に係る下記の書類をご提出ください。
①補助金交付申請書(様式第1号)
②仕上げ加工石を使用する場合,仕上げ加工石仕様書(様式第1号の2)
③大谷石の使用面積が分かる工事図面(平面図,立面図等)
※申請内容の審査・確認の際,図面をもとに面積の確認を行いますので,大谷石使用部分の各箇所の寸法が明記された図面をご用意ください。
④大谷石の工事費(補助対象経費)が確認できる見積書等の写し
※見積書に大谷石の使用面積が記載されている場合,上記③の面積と整合がとれているか,ご確認ください。
⑤賃貸物件の場合は,賃貸借契約書の写し及び貸主の施工同意書の写し
⑥法人の場合は,その法人の登記事項証明書
⑦建物の所在地がわかる地図

交付決定
申請内容の審査後,「補助金交付決定通知書」にて通知します。

工事
交付決定後,工事を行ってください。変更があった場合は,補助金交付申請変更等届出書(様式第3号)をご提出ください。

補助金請求
大谷石工事が完了し,工事費用の支払い後,請求に係る下記の書類をご提出ください。
①補助金交付請求書(様式第4号)
②補助金交付決定通知書の写し
③大谷石の工事費が確認できる領収書の写し
④大谷石を使用した場所の完成写真

現地確認
現地を確認いたしますので,立会いをお願いいたします。

補助金支払い
指定口座に,確定した補助金を支払います。

5 注意点

○申請受付から審査・決定には一定期間を要しますので,工事着工まで余裕をもったスケジュールでお申し込みください。
○宇都宮市大谷町周辺から産出された,天然の大谷石を対象とします。(再利用品や大谷石を原料としたコンクリートなど人造建材は対象外となります。)
○内外装とは,建物の内壁,外壁,床材,テラス,ポーチをいいます。
○補助対象経費とは,居宅又は店舗等の内外装材として大谷石を利用する際に要する大谷石貼工事費,諸経費等をいいます。
○風俗業及び遊戯業の用に供している建物は対象外となります。
○本補助金を交付された方は,宇都宮市が行う大谷石のPRにご協力いただくことがあります。

6、申請方法・お問い合わせ先

宇都宮市経済部都市魅力創造課
大谷振興室(市役所本庁舎7階)まで,直接お持ちください。
電話:028-632-2455

大谷石のご相談、細やかな事も気持ちよくご対応します