大谷石を使った宇都宮市内の建物

老舗うなぎ店玄関大谷石

宇都宮の中心街に、ここは、あります。二荒山神社から南に200mほどの釜川の脇にあります。私は、組合の新年会で、ここで,

うなぎを食べました。明治創業の100年以上の老舗です。新鮮でふかふかした、たれのおいしい、うな重でした。店前が駐車場で、大谷石が、玄関に張られています。大谷石が、お客さんを温かく迎えてくれます。

 

 

正面右からの入り口

階段を上り、お品書きの左を通り、左の引き戸から入ります。右壁には、大谷石細目があります。貼り方は、ランダムに割肌状に出っ張った石とコーピンしあげです。大谷石が、迎えてくれてます。

 

正面から大谷石

風除室外側の壁には、でっこみへっこみで、階段状な貼り方で影を作り、独特な大谷石が迎えてくれてます。右からも左からも、入れる玄関になってます。

反射ガラスとコラボする大谷石

車道側の建物面には、大きなガラスの間に、大谷石が、上の方まで張られています。車に乗っていても目立つ建物です。和風作りな割烹店になっています。

大谷石蔵カフェ

大谷石蔵カフェは、うなぎ店の駐車場内に、あります。以前は、蔵の中に、米や大切なものなどを保管するために作られたものです。宇都宮の街中には、使われなくなった大谷石蔵が、沢山あります。外観は、そのままで、内装だけをリノベーションして店舗に改装している店が沢山あります。。今では、建築法上、大谷石だけで積み上げる蔵は、できません。コンクリートと併用しないと建築許可が下りないのです。窓上のひさしも大谷石でつられている、レトロ感たっぷりな貴重な建物です。一度行ってみてください。

 

 

 

大谷石蔵改装

大谷石外壁に、エアコンや窓の開口部を穴あけしたり、電気関係を接続したり、ガスの配管をしたりできるだけ、外観が損なわれないようにしてます。おしゃれな看板がついています。

 

未分類

前の記事

駐車場玄関内大谷石