大谷石割肌

原石大谷石スライス

大谷石約300×300×900の原石を6本台の上にのせて、40mm厚みにスライスします。大口径コーピンで切っているので、表も裏も平です。当社の割肌は、40mmから、加工始まります。

大谷石コーピン肌

スライスした大谷石を、スライス台からおろして、次の工程場所に運びます。大口径コーピンで、スライスは、下まで切りません。倒れてしまうので、少し残します。出てる部分は、コヤスケで落とします。

のみつき作業

先ほど、厚み40mmにスライスした大谷石を、作業台の上にのせて、3本歯チッパーノミで、はつります。2,3cmほどのかたまりを飛ばします。ほこりは、出ませんが、大きな音がします。はずった厚みは、20mmくらい。つきのこした厚みは、40mmで、20mmほどの段ちがあります。

割肌風大谷石表情完成

つついた跡が付きますが、ワイヤーブラシでこすり、できるだけのみ跡をぼかします。

沢山の枚数の大谷石

つついてるうちに角欠けなどが、おこります。多少、人によっても肌が違いますがそこもいいところです。これから、回りを切ります。

大谷石成形工程

300×900に切ります。かけたところを外して、成形します。機械は、山名式門型コーピンです。手前の切った小口の面で表面の凸凹感がわかります。

大谷石割肌の完成

この状態で放置して、乾かします。この後梱包して、出荷です。

当社工場は、大谷石加工工場です。いろんなお客様のニーズにこたえて加工しています。コーピン仕上げが、一番安くてポピュラーですが、コーピン仕上げから、いろいろな表情にもできます。

 

 

未分類

前の記事

大谷石外壁施工方法
未分類

次の記事

大谷石補助金New!!