自社加工した大谷石をお届けします。

大谷石の特徴とは

大谷石は宇都宮市の市街地から北西に7~8キロメートルほどのところにある大谷地区の丘陵地帯で産出する緑色凝灰岩です。
日本列島の多くが海中にあった今から 1,500~2,000万年前、海底火山が噴火し、その際に噴出した火山灰や砂礫が海水の中に沈殿して固まったものとされています。埋蔵量は約6億トンあるとみられ、大谷地区の東西約4キロメートル、南北に約6キロメートルにわたって分布しているとされています。

成分は珪酸、第二酸化鉄、酸化アルミニウム、酸化マンガン、石灰、酸化マグネシウム 、カリウム、ナトリウムなどです。軽い、軟らかい、孔が多いなどの凝灰岩の特徴に加え、大谷石には「ミソ」と呼ばれる斑点状の模様があります。耐火性にすぐれ、重さが軽い、軟らかく加工がしやすい、素朴な風合いなどから、建材として重用されてきました。宇都宮市内には大谷石を使った神社仏閣、住居、蔵などが数多く残っています。

現在では珍しくなったこれらの建物は、そのぬくもりのある素朴な味わい、レトロな佇まいが見直され、レストランやギャラリーなどとして再生されているものもあります。また、近年は、薄くスライスして、大谷石独特の質感を活かした装飾的な素材として、新たな建物に用いられることも多くなりました。大谷地区は、特に運搬手段が発達した明治以降に大谷石を切り出す産地として繁栄してきました。数多くの石材店が軒を連ね、最盛期に比べれば減少したものの、採掘は今でも行われています。

一部は露天掘りもありますが、大部分は丘陵を掘り進む地下採掘です。地下数10メートルから、深いところでは100メートルに達するといわれ、採掘した後には巨大な空間が広がっています。この圧倒的な地下空間のシチュエーションが好まれ、テレビや映画の撮影、芝居や音楽のステージ、結婚式場などとしても活用されるようになりました。さらに、地下空間は1年中、気温が一定なため、野菜、果樹などの「貯蔵庫」としても注目されています。野菜 や果物などは収穫した後、エチレンガスを放出し、腐敗していきますが、大谷石にはこのエチレンガスを吸着する働きがあり、その点からも貯蔵庫としての役割が期待されます。


大谷石の販売に関するお問い合わせは
028-652-4396

このページの先頭へ