自社加工した大谷石をお届けします。

大谷石の歴史

大谷石が建築資材として使われるようになったのは、奈良時代の741年(天平13年)に下野国分寺が建立された時と伝えられます。寺の土台石に用いられたものです。その後、平安時代の1063年(康平6年)に藤原宗円による宇都宮城築城、江戸時代になってからは、1620年(元和6年)に本多上野介正純の城郭普請などに使われています。鬼怒川を使った水運が盛んになると、川を使って遠く江戸に運ばれ、優れた建築材として広く使われるようになりました。本多上野介正純が大谷石を切り出した地域は、今でも御前山と呼ばれています。

近代に入ってから大谷石が広く注目を集めるようになったのは、1923年(大正12年)9月1日、突如、東京地方を襲ったマグニチュード8という巨大地震、関東大震災の時でした。大震災の前年、アメリカ人建築家フランク・ロイド・ライトの設計によって旧帝国ホテルが完成していました。多くの建物が瓦解し、炎上する中、内外装材として大谷石とコンクリートを組み合わせてつくられた旧帝国ホテルは、大きな被害を免れることができました。これにより、大谷石の耐火性、耐震性が広く知れ渡るところとなったのです。旧帝国ホテルは、その後、取り壊されましたが、愛知県犬山市の博物館、明治村に一部復元、保存されています。

大谷石が全国的に建築資材として全国に広がった背景には、もうひとつ、鉄道の普及がありました。昔は採掘場で切り出された石は、馬車や人車を使って運搬していましたが、1885年(明治18年)、大宮―宇都宮間に東北本線が開通し、さらに、1896年(明治29年)に、宇都宮石材軌道運輸株式会社が設立されると、搬出は格段に容易になり、販路は全国に拡大していきました。1897年(明治30年)に6000トンだった年間産出量は、1902年(明治35年)には40000トンとなり、1912年(大正元年)に140000トン、1926年(昭和元年)には245000トンと飛躍的な伸びを記録しました。

採掘の技術も進歩しました。手掘りの時代には、切り出す際につるはしを用いていましたが、塀に使う50石(約70キロ)を掘り出すのには、1人で1日10本がせいぜいだったといいます。機械化によって1人あたり1日50本の採石が可能になり、昭和40年代の最盛期には年間の産出量は890000万トンになりました。


大谷石の販売に関するお問い合わせは
028-652-4396

このページの先頭へ