自社加工した大谷石をお届けします。

大谷石について

大谷石は軽石凝灰岩の一種で、栃木県宇都宮市北西部の大谷町一帯東西8㎞、南北37㎞、地下200〜300メートルで採掘される石で、埋蔵量は10億トンと言われています。

最近では、他の石にはない大谷石独特の質感を建築デザインの一部として活用されています。大谷石を切り出した大きな塊の状態から、加工することで薄い壁材や床材として利用され、建物の外壁だけでなく室内の壁にも使われます。大谷石は、柔らかいので動物をかたどった置物、オブジェ、パン釜、ピザ釜などにも加工できます。

大谷石の特徴

石の特徴としては、耐火性に優れ大谷石自体の重量が軽く、柔らかいため加工しやす石です。

昔から住宅や店舗や事業所の門柱、石塀、石垣、敷石、石倉(倉庫)、擁壁(土止め石)、防火壁などの建築素材として使われています。

大谷石の採掘

hakkutu1

垣根掘り

壁を切り出していく方法で、高さ約1600ミリ程度(原石5個分の高さ)に掘り進んでいきます。
幅は、7500ミリ程度(原石7個分の幅)で、ちょうど四角いトンネルを掘る感じです。

hakkutu2

平場掘り

垣根掘りである程度の広さに広がったら、地面を切り出して下に掘って行く方法が平場掘りといいます。
みその大きな大谷石が出てきたら、そこで下に掘るのをやめて、また別のところを垣根堀りします。

大谷石の原石

genseki1

基本的な大谷石原石の大きさ

 だいたいの寸法は、1尺×1尺×3尺(310×310×910ミリ)で、重さは、およそ145キロぐらいです。水分の染み込んでいる量によりことなります。

 地下採掘場から、原石4本をワイヤーでまとめ、ウインチで地上へ引き上げます。

genseki2

 割肌仕上げにしたいときは、写真手前側の、1面だけを使用します。したがって、原石1本に対して300×900の大きさで1枚しかとれません。

 大谷石原石は、見ての通り6面体ですが、上下左右は、チェーン引きで、残りの2面は、凸割肌と、凹割肌になってます。製品で使用するのは、凸割肌です。

 その他のチェーン引き、コーピン引き、ビシャン等の仕上げは、切りだしスライス後の加工となります。

大谷石の加工

kakou

原石を、36インチ中口径コーピンで、希望の厚みに、スライスします。

 大谷石の最低の厚みは、20ミリが、限度です。
 ただし、原石の中ほどで、大きなみそなど、問題がでたならば、そのスライスした石は、良いものとは、別にします。

大谷石の整形

seikei1

写真は、中口径コーピンでスライスした物を長手方向に、300の幅で決めているところです。

 しかし300決めに対して、スライスした大谷石が310~320しかありませんので、長手2方向をぎりぎりを切る加工です。

seikei2

写真は、300に決めた物を、右手前の写真のように切断方向に対して90度に合わせた定規にならべて、短手方向に寸法を、決めている作業です。

 建築内装用として、目地無しで壁に貼れるように、寸法精度を、プラス、マイナス、0.25ミリ以内におさえています。

大谷石の石目

ishime1

写真は、チェーン引き細目ですが、良く見ると、まったくみその無い石と、小さめですが多少みそが、入ってる石があります。

細目は、それらの大谷石を、混ぜて使用しています。

逆に、なにもみそが、入ってない所ばかり使用すると、大谷石の味がでません。

ishime2

写真は、中目ですが、細目と同様に多少みその大きいものと、細目よりは、大きいが、そんなに大きくないみその物を混ぜて中目として出荷しています。

細目と中目の分け方は、その採石場の職人さんの長年の経験とカンで分けています。

大谷石の納品方法

nouhin

納品の際は大谷石をパレットに固定して運搬します。

パレットに固定するバンドで商品が傷まないよう、きちんと緩衝材をはさんで発送いたします。


大谷石の販売に関するお問い合わせは
028-652-4396

このページの先頭へ