自社加工した大谷石をお届けします。

壁面に斜めの溝入り 大谷石スライス貼付[施工事例10]

施工例010 大谷石のリブ加工
壁面に大谷石が貼ってあります。
正面はよく見ると斜め45度に溝が入っています。

リブ加工といって、大谷石の表面を三角に削ります。
同じ間隔で仕上げていますので、大谷石と大谷石との合口もずれがなく、きれいに通っています。

右の大谷石の壁は、コーピン仕上げと、アクセントに割り肌のパターン貼りになっています。

金のフレームと大谷石の合わせ面、そして表面のちがう物のはりわけ、いろんなパターンがあじわえる壁面になっています。
見上げた感じで圧倒されます。


大谷石の販売に関するお問い合わせは
028-652-4396

このページの先頭へ